クレジットカード現金化のトラブル例

HOME » カード現金化の注意点 » クレジットカード現金化のトラブル例

クレジットカード現金化のトラブル例

クレジットカードの現金化を上手にやるため、起こりやすいトラブルは回避したいところですよね。
しかし、そもそもこのサービスを使って起こりえるトラブルとは、具体的にどんなものなんでしょうか?
いくつかトラブル例をご紹介します

まず気を付けたいのは、サービス利用後に支払われる現金が少ない、もしくは支払自体がなかったというトラブルです。
クレジットカードの現金化とは、カードのショッピング枠を現金に換えるものですから、そのショッピング枠を使って一度業者が指定する商品を買わないといけません。
その後、その商品をすぐに業者が買い戻したり、大幅なキャッシュバックをすることで現金を支払ってくれるのですが、このときに支払われる現金がいくらかは、事前に確認できます。
その商品の購入に使ったお金の何割が戻ってくるのかという換金率で表されるのですが、だいたいはその代金の8割くらいが目安ですね。
この割合は業者によっても違うのですが、少なくとも何割のお金が戻るか、事前に教えてもらえます。

しかしいざサービスを使ってみると、聞いていたものより低い割合のお金しか戻ってこなかったというトラブルがあるわけです。
たとえば、8割のお金が戻ると聞いて使ったのに、実際に支払われたのは元値の6割程度だったといったものです。
ひどいものでは、お金の支払いがまったくなかったという例もありますね。

このようなトラブルに遭い、業者に改めて連絡をすると、もう一切の連絡がつかなくなったり、個人情報をばらすなどと言って逆に脅されるといった、二次被害のようなトラブル例もあります、
もちろんこれは悪質な一部の業者で起こることで、健全な業者のサービスを使えば、このようなトラブルはまず起こりません。

利用者に誠意を持って対応する業者はたくさんいますので、これからショッピング枠を換金しようと思う方は、そのような業者のサービスを積極的に使うといいですよ。
ご紹介したようなトラブルに巻き込まれないように、業者はしっかり選んでくださいね。