クレジットカード現金化の注意点

HOME » カード現金化の注意点 » クレジットカード現金化の注意点

クレジットカード現金化の注意点

クレジットカードの現金化とは、本来は現金にできないショッピング枠を換金して現金にする方法や、そのサービスのことです。
急に現金が足りなくなったり、ほかに現金を借りるサービスを使えないとき、空いているショッピング枠を活用して現金を作れる、とても便利な手段です。
ただし、やはり現金を借りる形のサービスになりますので、利用前に知っておきたい注意点があります。
コレを押さえておかないと、欲しかった金額に届かなかったり、あとで上手く借入金を清算できなくなったり、その他の思わぬトラブルに巻き込まれたりする恐れもあるんです。
新規にキャッシングするときと同じように、利用にあたっての注意点をきちんと確認した上で利用を考えてください。

まずはクレジットカードの現金化の仕組みをよく確認し、欲しい金額を作るためのコツを押さえてください。
このサービスですが、そのままでは現金にできないショッピング枠を換金するため、一度その枠を使って何か商品を購入する必要があります。
その商品を現金に換えたり、その商品に現金がキャッシュバックされたりすることで、結果的にショッピング枠が換金されるわけです。
このときに最初に使った金額と、あとで受け取る現金の金額には差がでます。

なぜそうなるのか、順を追って説明しましょう。
まずこの現金化の方法ですが、よくあるのは商品を転売する方法ですね。
個人的に買った商品を中古ショップに持ち込む形でもできますし、買取り式のクレジットカード現金化業者を使えば、その業者が販売した商品をすぐに買い戻す形で現金を渡してくれます。
このようなワンクッションを挟んで、なぜ換金できる金額が減るのかというと、商品をすぐ転売するときのことを考えると、イメージがつきやすいと思います。
新品で買った商品をそのまま中古ショップに持ち込んでも、その商品の新品価格そのままで売れることはありませんよね?
だいたいは、何割か差し引いた値段になるのが普通です。
この方法で取り返せるのは、元値の何割かだけに留まりますよね。

つまりはクレジットカードの現金化もこれと同じで、実際に自分が使ったショッピング枠の金額より、やや低い金額にしか換金できないのが普通なんです。
たとえばショッピング枠を10万円使った場合、これら手段で換えられる現金は、最大で7〜8万円程度ですね。
クレジットカード現金化の専門業者を使ってもこうなるのは、その差し引いた金額分が、業者にとっての利益になるからです。
これら業者ももちろんボランティアで換金してくれるのではなく、この換金自体が商売になっているからやってくれるんですね。
少し減っているその金額分は、業者による換金手数料だと思ってください。
ですから、どんな業者や方法を使っても、ショッピング枠を換金すると、実際に使った金額よりやや少ない金額へと換金されますので、それは了解した上で利用してください。

そうでないと、今必要としている金額へとうまく換金できませんからね。
たとえば現金が10万円分欲しいのに、使ったショッピング枠がピッタリ10万円では、手にできる現金は7〜8万円です。
欲しい金額まで、あと2〜3万円足りないことになりますね。
換金後の金額で10万円欲しいなら、使いたいショッピング枠は15万円程度です。
このように実際に使った金額より低い金額への換金となりますので、それを見越して利用金額やスケジュールを計算してください。

このような換金後の金額の調整方法がわかったら、次は返済金額がいくらになるか、間違えないように確認してください。
換金後に実際に受け取った金額はやや少なくても、カード会社からの請求金額は、一番最初に使ったショッピング枠の金額になります。
このポイントは、このサービスを使う上での必須の注意点です。

たとえば、現金10万円を手に入れるため、ショッピング枠で15万円を使い、予定通りに10万円分の現金を手にできたとしましょう。
感覚的には10万円しかカードを使っていないように思えますが、それはあくまで換金後の金額です。
換金後に10万円になるよう、実際にはショッピング枠で15万円使っているわけですから、その翌月にはカード会社より15万円の請求が来る形になります。
感覚的な使用金額と、自分が実際に使った使用金額とがずれやすいので、請求金額がいくらになるか、間違えないように確認してくださいね。
このずれに気づかず、実際に請求が来た後でお金を返済できなくなると、カードの使用が停止される恐れがあります。

そうならないように、今必要としている現金の金額はもちろんのこと、それを手に入れるためにショッピング枠を使って本当に返済は大丈夫か、利用前にしっかり確認してください。
万が一この確認を見落としていて、来月にカード会社への返済ができないとわかったら、滞納する前にリボ払いへの変更をするのが、1つの対応法です。
返済が来る前にリボ払いに変更して返済額を落とし、滞納を回避できれば、カードを停止されることもなくなります。

このように、クレジットカード現金化も便利な裏技ですが、利用前に注意点はしっかり確認してから使ってくださいね。

おすすめのクレジットカード現金化業者