クレジットカードをうまく現金化するグレーゾーンの方法

HOME » カード現金化の注意点 » クレジットカードをうまく現金化するグレーゾーンの方法

クレジットカードをうまく現金化するグレーゾーンの方法

クレジットカードを合法的に現金化できる、いい方法があります。
グレーゾーンとしてよくオススメされる方法であり、大手の換金業者はこれを使っていることが多いですね。
その方法とは、キャッシュバックです。

この方法の流れですが、まずはその会社が販売している商品を、アナタの側で購入してもらいます。
この購入に、換金したいクレジットカードのショッピング枠を使うんです。
すると、そのカード会社から換金業者へと支払いが行われます。
この支払いとは、先に購入した商品の支払いのためのお金ですね。
これで業者の元にショッピング枠のお金が届きますから、その一部を利用者へと返すわけです。
このときにお金を返す名目が、「キャッシュバック」なんです。
ここで注意してもらいたいのは、買い取りにはならない点。

個人でもできる方法として、ショッピング枠で購入した商品をすぐに売却することで、現金に換える方法がありますよね。
これはグレーゾーンではなく、厳密にいうと法令違反になる場合があるんです。
それを避けられるのが、業者でよく使われているこのキャッシュバック式の方法。

キャッシュバックとは、ある商品を販売したお店が、その購入特典として、販売で得たお金の一部を、何らかの形で購入者に返すもの。
普通の量販店などでもよく見ますよね。
キャッシュバックの形は、そのまま現金を返すものもありますし、ポイントという形で返す方法もあります。
キャッシュバックの方法に指定はなく、各販売店が自由に決められます。

この方法を使ってショッピング枠を換金するのが、これら業者のサービスです。
換金業者が商品を販売して得たお金の一部を、自発的に利用者へとキャッシュバックする形を取ります。
キャッシュバックする形はもちろん「現金」ですね。
この行為自体に違法性はありませんので、販売業者さえ問題ないなら、その販売で得た代金の大半をキャッシュバックしても問題ありません。
利用者からすれば、その業者のサービスを使うだけで合法的にショッピング枠を換金できます。
よくオススメされるグレーゾーンの方法として、知っておくといいでしょう。