クレジットカード現金化でトラブルを回避するコツ

HOME » カード現金化の注意点 » クレジットカード現金化でトラブルを回避するコツ

クレジットカード現金化でトラブルを回避するコツ

クレジットカードを現金化する上で、残念ながらトラブルに巻き込まれる例も一部あります。
このトラブルをできるだけ回避するコツをご紹介しましょう。

まずよくあるトラブル例ですが、利用した業者に誠意がなく、個人情報を流出されたというものがあります。
セキュリティ対策をほとんどしておらず、自然に流出したという例もありますし、その業者が利用者の個人情報を自ら転売したといった例もあります。
このトラブルを回避するためには、まずは誠意のない一部の業者に当たらないよう、しっかりと業者を選ぶことが大事です。
対応や運営状態に不審な点があれば、きちんとしている他の業者を使うといいでしょう。

その上で、不要な個人情報を申告しないことも大事です。
クレジットカードの現金化はキャッシングとは違いますので、利用前に審査はありません。
そのため、キャッシングを利用するときのように、あらゆる個人情報を求められることはないんです。
ショッピング枠の換金サービスの利用に必要なのは、氏名、住所、連絡先の電話番号とメールアドレスくらいです。
キャッシングの利用に比べると、非常にシンプルな情報のみでサービスを使える業者が大半ですね。
仕事の内容や年収、アナタの家族構成など、ショッピング枠の現金化に必要ない情報まで求める換金業者は、使わないようにするとトラブルを回避しやすくなりますよ。

その他、業者を利用する前には換金率を確認しておくのも、トラブル回避のためには大事です。
これらサービスは、利用したショッピング枠の全額を現金にできるわけではありません。
だいたい使った金額の8割前後が、現金として戻ってきます。
残りの2割前後は、換金手数料として業者の利益となるわけです。

この割合ですが、業者によっても違います。
ある業者では9割戻ってくることもあれば、別の業者では7割に留まることもあります。
これはサービス価格ですので、各業者で換金率が変わるのは問題ないのですが、トラブル回避のためには、各業者の換金率を確認し、納得した上でサービスを使うのが基本です。
コレを確認しておらず、思っていたほどの現金が得られなくてもキャンセルはできませんので、しっかり確認しておきましょう。

トラブル回避の方法として、以上のようなコツがオススメです。