法律に触れる?クレジットカードの現金化の注意点

HOME » カード現金化の注意点 » 法律に触れる?クレジットカードの現金化の注意点

法律に触れる?クレジットカードの現金化の注意点

クレジットカードのショッピング枠は、本来は現金に換えて使うものではありませんよね。
それをちょっとしたコツで現金に換えるのが、いわゆる現金化という方法です。
本来の使い方からやや外れるということで、このサービスのよくある質問に、法律に触れないかというものがあります。
サービスを安心して使うために知っておきたい注意点として、この点をご紹介しましょう。

クレジットカードのショッピング枠を現金化すること自体は合法ですが、その方法によっては一部の法律にやや触れる場合があります。
ただし、その方法を使って逮捕された利用者などは、これまでには一件も例がありません。
厳密にいえば違法とはなりますが、それは日常生活の中で多々起こる、ごく軽微な違反行為だと判断され、実際に刑事罰などを問われることはまずないのが実情です。

ただし、できれば違反行為は極力避けたいと思うなら、具体的にどんな方法がどんな法律に触れるのか、知っておきたいですよね。
厳密にいうと法に少し触れてしまうのは、転売によって現金化する方法です。
これはクレジットカードのショッピング枠を使って何か商品を購入した直後、すぐに買い取りショップなどに持ち込み、それを売ることで現金に換える方法です。
個人でもできる方法であり、昔からよく使われる現金化の定番の方法です。

これですが、厳密にいうと法令違反に当たる場合があります。
ショッピング枠で購入した商品は、厳密にはカード会社が支払いを立て替えている状態で、正式な所有権はカード会社の側にあります。
利用分の清算が終われば所有権もアナタに移るのですが、それが終わる前にそれを転売すると、法的には他人のものを勝手に売ったという扱いになるんですね。
実際に法的な問題になることはほとんどなく、実際に行われていることも多い方法ですが、法律との関係が気になる方は、一応この点は確認しておくといいでしょう。

ちなみに、方法を変えればかなり合法的にクレジットカードを現金化できます。
ショッピング枠の現金化自体に法的な問題はありませんので、方法にさえ少し注意すれば、より安心して換金できます。
その方法は個人だと難しいのですが、その仲介をしている業者を使えば簡単に利用できます。
できる限り法律に触れずに換金したいなら、これら専門業者を使うといいですよ。